Home • 空き家を活用!持っている不動産を無駄にしない賃貸経営

空き家を活用!持っている不動産を無駄にしない賃貸経営

 - 

空き家問題に対処しよう

空き家が全国的に問題として取り上げられるようになり、空き家の強制撤去すら行政側が行えるようになってきています。衛生や治安、安全、景観などに悪影響をもたらすものとして理解が進んできたからです。もし相続などで空き家を持っているのなら、この時代の流れを汲んで積極的に空き家問題に対処しましょう。賃貸物件として活用できるようにするとこれまで固定資産税などを払ってきた空き家が収益性のある物件として活用できるようになります。

リノベーションか建て替えが大切

空き家問題に引っかかってしまいそうな空き家を持っている場合には、その家はそのままではあまり魅力がありません。借り手を探してもなかなか見つからないでしょう。賃貸経営をできる状態にするためにはリノベーションをして建設当時以上の価値のある家にするのが効果的な方法です。そもそも倒壊してしまいそうなほどに古くなってしまっているのなら建て替えを考えましょう。立派な姿にすることができれば賃貸経営の準備は万全です。

費用が心配なときは支援を活用

空き家を賃貸経営に使いたいと考えても、リノベーションや建て替えに必要な費用が心配という人も多いですよね。業者に見積もりをしてもらって、どの程度かかるかまずは確認するのが大切です。明らかに予算オーバーというときには、支援の活用を考慮してみましょう。空き家を利用できる形にする際には助成金や補助金を受けられる場合があります。リノベーションなどの施工内容に制限がありますが、それを満たすように実施すれば数十万円から百万円強の支援を受けられるでしょう。

帯広の賃貸の魅力として、とりわけ敷地面積が大きな物件が多いことや、契約期間が長いことが挙げられます。