Home • 中古マンションの安全性について誤解していませんか?

中古マンションの安全性について誤解していませんか?

 - 

中古マンションは安全性が心配?

新築マンションのほうが中古マンションより、安全性が高いと思い込んでいませんか?実際に、中古マンションは安全性が不安だから新築物件を選んだという話を聞いたこともあります。しかし、なぜそう思ったのかという理由を聞いてみると、「何となく」「よくわからないけど新しいほうが地震に強そう」などの曖昧な答えが返ってくることが多いんです。しかし、実際のところ新築物件も中古物件も、一部の例外を除き安全性はほとんど同じと言って良いレベルです。

新耐震基準の物件なら新築も中古も同じレベル

日本では1981年以降に建築されたマンションは、「新耐震基準」に基いて建設されています。この基準に沿って設計・施行が行われていれば、大きな地震にも耐えられる強度を持っています。したがって、中古マンションであっても1981年以降に竣工した物件については、心配する必要はありません。1981年以前の古いマンションであっても、その後に補強工事が行われている物件も多いため、一概に安全性に不安があるとは言えないのが実情です。

安全性に不安があるときの対処法

もしも中古マンションの安全性について不安がある場合は、ホームインスペクションとよばれる検査を受けてみるとよいでしょう。ホームインスペクションは、中古物件の取引が盛んなアメリカで始まったサービスです。建築の専門家が客観的に建物の安全性や資産価値を調べてくれます。アメリカでは中古の一戸建て住宅やマンションを購入する前に、ほとんどの人がホームインスペクションを実施するというデータもあります。日本でもいろいろな会社がサービスを提供しているので、安全性に不安があるときは検討してみてはいかがでしょうか?

リノベーションマンションの場合、新築並みの利便性や快適性を誇る点に加え、新築物件と比べて家賃が手頃という点も魅力です。